噂のスーパーフード「タイガーナッツ」を試食しました!

IMAG1236 1粒のサイズは1~1.5㎝。 タイガーナッツはその名の通り、ナッツのような味と言われていますが、ナッツではなく「塊茎」と呼ばれる野菜の根にできる実なので、 ナッツアレルギーのある方にも安心してお召し上がり頂けますね。 歯ごたえはかなりしっかりしており、噛めば噛むほどやさしい甘みが感じられます。 ナッツのような香ばしさよりも、私には甘味が先に感じられました。 皮の食感は、最後までもごもごと残る感じで細かくかみ砕くのは大変そうです。 食物繊維もたくさん含まれている食品ですので、水分を取りながらの食べて頂くのがよさそうですね。 皮の食感が苦手そうな方は、「皮なし」をお勧めします。 「皮あり」よりも断然食べやすく、甘みも強く感じられます。 ただし食物繊維が、「皮あり」が(33g/100g)に対し、「皮なし」は(22g/100g)とかなり摂取量が減ってしまいますので、食物繊維などを期待して食べられる方は、「皮あり」の方がよさそうです。 タイガーナッツに含まれる三大栄養素の比率としては脂質約50%、炭水化物約40%、タンパク質約6%ですが、脂質の7割がオレイン酸と言われており、炭水化物に関しても難消化性でんぷんの比率が高く太りにくいと言われています。 またタイガーナッツは血圧の安定や、体内の水分バランスに関わるカリウムを100g中710mgと豊富に含有しています。 100gあたりの含有量で見るとよく比較されるアーモンド(770mg)にやや劣りますが、カロリーが100gにつき約100kcalアーモンドよりも低くなっていますので、大差ないレベルとも言えます。 ダイエット中のむくみ対策であれば、カロリーも調整しやすいので使いやすいですね。     そのままお召し上がり頂いても美味しいのですが、オルチャータと呼ばれるナッツミルクにするのがおすすめのようです。 タイガーナッツミルク(オルチャータ)の作り方 ■ 材料 •皮ありタイガーナッツ ・・・・・・・・・・・・ 大さじ2 (できれば1時間以上浸水しておく) •水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 200ml •氷 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ カップ1/2 •メープルシロップ ・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1 •メディシンフラワーバニラエクストラクト ・・・ 2滴 •ピンクソルト ・・・・・・・・・・・・・・・・ 一つまみ ■ 作り方 1.水に浸したタイガーナッツの水をよく切って、ブレンダーに水と一緒に入れて撹拌する。  (この時、ナッツミルクバッグで濾すとさらになめらかになる) 2.残りの材料を入れて再度良く撹拌して出来上がり。 ※ ナッツミルクバッグで濾さなくても飲むことはできますが、皮付きは多少ざらつきが気になるかもしれません。   気軽にそのままの形でもおいしく摂取することができ、アレンジも楽しめて、保存は一定の温度で2年間の長期保存が可能と、非常にコストパフォーマンスに優れたスーパーフードです! 是非一度お試しくださいね!]]>

TVで放送された大人気商品!「もち麦」情報・炊き方・簡単レシピ

http://www.kenkousupport.com/item/33408.html 特徴 〇希少な国内産(埼玉県産)のもち性大麦を、食べやすい米粒麦タイプに加工しています。食物繊維がたっぷり含まれており、(ごぼうの約2倍です!)その中でも注目の大麦βグルガン※2が豊富に摂取できます。 〇国内で生産されている大麦の約99%は「うるち麦」と言われる品種で、もち性大麦は非常に希少です。 〇ご飯に混ぜて、茹でてお料理に。大麦をお米に近い形に加工しているため炊飯時にも麦が目立たず、違和感なくお召し上がりいただけます。 100g当たりの分析データ エネルギー・・・357kcal タンパク質・・・8.2g 脂質・・・1.4g ナトリウム・・・2.5mg 糖質・・・68.6g 食物繊維・・・9.4g 水溶性食物繊維・・・7.5g 不溶性食物繊維・・・1.9g β-グルガン・・・7.2g ■オーサワの有機もち麦  内容量:150g http://www.kenkousupport.com/item/20712.html 特徴 〇大変希少な国内産(熊本県産)の有機栽培もち性大麦になります。 〇他のもち麦と大きく違うのは、未加工(精米)の状態で商品化されている点になります。お米でいうところの「玄米」の状態ですので、色も茶色く、特徴的な商品になっています。 〇マクロビオテックの「一物全体※3」の考えに基づいた商品になっており、食に対して特にこだわりを持った方にお勧めです。 〇玄米に1~2割混ぜ、通常の水加減よりやや多めにして炊いてください。 もち麦を30分ほど水につけた後、柔らかくなるまで茹で、スープやサラダなどに加えて頂くのもお勧めです! 〇もちもちした食感でほんのり甘く、皮つきならではの風味もありますが、雑穀特有のにおいもクセも少なく、本当に食べやすいです。もちもちとした食感は、クセになりますよ! ※1 2016/3/29放送 フジテレビ3時間特番 「その原因、腸にあり!~肥満!便秘!肌荒れ!花粉症!あがり症!お悩み解消SP~」でもち麦が紹介されました。 ※2 大麦βグルガン・・・食物繊維には「水に溶ける」タイプ(水溶性)と「水に溶けにくい」タイプ(不溶性)の2種類があり、それぞれが異なる働きをしています。ほとんどの野菜に多いのは「水に溶けにくい」タイプとなりますが、「大麦β-グルカン」は水に溶ける食物繊維の1種です。 大麦は、私たちが食べる部分である「胚乳」と呼ばれる細胞に大麦β-グルカンをたっぷり含み、精麦されてもその栄養価が損なわれることはありません。そのため、おいしく食べられるように工夫された加工食品からも、大麦β-グルカンを手軽にたくさん摂取することができます。 大麦に含まれている大麦β-グルカンには、「糖質の吸収を抑える」という凄い健康パワーがあることをご存知ですか? 大麦β-グルカンは、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まる性質があります。 ゼリー状態となった大麦β-グルカンは、胃の中にある食べ物を包み込んで、消化器官をゆっくり移動します。 そのため、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるのです。 大麦β-グルカンの健康効果は、世界中で注目されています。 具体的には、1日3000mgの大麦β-グルカンを摂ることができる健康的な食べ物に対して、米国では「冠状動脈心疾患のリスクを下げる」効果を表示することが認められています。 日本でも、健康食品の普及啓発活動を行う日本健康・栄養食品協会が「コレステロールの正常化」「食後血糖値の上昇抑制」「満腹感の維持作用」について効果があると評価しています。 ※3 一物全体・・・根付き、皮つきで食べる状態。「一つのものを丸ごと食べる」という意味です。 一つのまとまりのあるもの(種子、実、葉、根など)は、いろいろな面でバランスがとれている上に、まとまっていることによる、何か特別の働きが期待できます。特に種子や実は、そのまま次の世代を生み出せるほどですので、バランスのよい、生命力に満ちた食べ物としてとらえています。 大麦の各国における健康強調表示 ■米国・・・血中コレステロール低下による冠状動脈心疾患のリスク低減(β-グルカンとして1日3g以上、β-グルカンとして0.75g以上含む食品) ■カナダ・・・血中コレステロール濃度の低減(1日3g以上、1g以上含む食品) ■欧州連合 大麦βーグルカン・・・血中コレステロール低下による心臓疾患のリスク低減(1日3g以上) 大麦・オーツ麦のβーグルカン・・・食後血糖値の上昇抑制(1食中の糖質30gあたり4g以上) 正常な血中コレステロール濃度の維持(1食あたり1g以上 1日3g以上) 大麦由来の食物繊維・・・糞便量の増加(100g中6gの食物繊維を含むパン製品、もしくはβーグルカンとして1日3g以上) ■オーストラリア/ニュージーランド・・・血中コレステロール低下(1食あたり1g以上 1日3g) ■韓国・・・正常な腸機能の維持(食物繊維として、1日25~30g) ■■もち麦は朝食にお勧めです■■ 特徴の項目でも記載しましたが、大麦β-グルカンは、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まる性質があります。 そのため、食後の糖質の吸収が53%抑制されることが報告されています。 しかも、朝食の直後だけでなく、昼食や夕食の糖質吸収を抑えることができると言われています。 ■■試してみました(創建社 もち麦)■■ 白米1.5合:もち麦1合で炊いてみました。 ※もち麦1合は、軽くさっと水でゆすいで水を切ります。 もち麦1合に対して、水300mlを入れ、30分ほどおいておきます。 30分水につけておくと、約1.5倍に膨らみます。 もち麦1 ※白米はいつもの水分量で、その中に水を含んだもち麦をそのままあわせます。 ※いつも通りに炊いてください。 ※炊き上がったら、いつもより多めに蒸らすようにしてください。(約10分ほど) もち麦2 ※もち麦が水分を含んで膨らみますので、上記分量で約3合ほどの量が炊き上がりますよ! ※※上記レシピを参考に、お好みで水加減は調整してくださいね※※ 食感はもちもちプチプチしており、若干の麦の香りがするものの、ほぼ違和感なく白米の代用品として食べることができました。 夜に炊き上げたもち麦を朝に食べたり、お弁当にも使用しましたが、もっちり感は冷めても感じられるので、とてもよかったです。 試した配分量ですと、おにぎりも問題なく作れました! 残ったもち麦は、冷凍保存もできますし、チャーハンやリゾットにも活用できます。 特にリゾットは、煮詰めてももち麦のプチプチ感は続きますので、お勧めです! 【簡単チーズリゾット】 ※コンソメ150ml、牛乳150ml、もち麦をお茶椀1膳分お鍋に入れ、焦がさないように煮詰めます。 ※とろりとして来たら、粉チーズ(お好みの分量)、スライスチーズ1枚を入れ、塩コショウで味を調えます。 (こしょうは粗びきタイプがおすすめです。量を多めにすると、味が引き締まりますよ!)   ↓↓↓↓↓もち麦の商品ページはこちら↓↓↓↓↓ オーサワの有機もち麦 150g http://www.kenkousupport.com/item/20712.html 創健社  もち麦(米粒麦)630g ※現在予約注文受付中です。2016年6月中旬入荷予定※ http://www.kenkousupport.com/item/33408.html  ]]>

ピーマンとちくわの肉詰め風作りました♪マクロビオティック料理

写真 1 いつも、マクロビビオティックを実践してみたいなぁと思いつつ、なかなか実践できません。 中島デコさんの『かんたん、おいしい!マクロビオティックはじめてお弁当レシピ』という本を図書館から借りてきました! 写真 20 レシピを見ても、よくわからない材料がずらり!”θヘ( ・_・) セイタンってなんやろ?? セイタンは小麦たんぱくでつくられた植物タンパク食品だそうです。 今回買ったのは、醤油で味付けされたものです。 固形のものやそぼろ系のものがあるそうです。 カロリーが少なく、動物性脂肪を全く含みませんので、カロリーやコレステロール等を気になる方にはおすすめ! お肉の代用食材として、炒め物や煮物などに使えるそうです。 写真 2 写真 3今回買ったのは、セイタンの固形状、醤油味がついたものです。 見た目もかなりグロテスク!お世辞にも美味しそうとは言えない代物です(」°ロ°) 醤油で長時間煮込んでいるそうで、そのまま食べるとかなり辛くておいしくなかったです。 (醤油で長時間煮込んでいるのはコクを出すためだそうです) 通常の料理に使う場合は、30分ほど水につけて塩抜きが必要です。 写真 4 このセイタンを使って、ピーマンとちくわの肉詰め風を作ってみました! 写真 19 本そのままのレシピではなく、少しアレンジを加えて載せてます。本ではピーマンだけでしたがちくわにも詰めてみました。 ピーマンとちくわの肉詰め風 竹輪   3本 ピーマン   8こ セイタン固形状瓶 180g 玉ねぎ  1こ にら  半束 オートミール   4分の1カップ 小麦粉  大さじ3 しょうが  小さじ2 パン粉 塩コショウ ごま油 写真 7 ごま油とショウガを加えたところにみじん切りにした玉ねぎを炒めます。 写真 8 塩抜きしたセイタンを細かく切って、さらに炒めます。 写真 12 写真 10 オートミールとニラ、小麦粉、塩こしょうを加え混ぜたら火を切ります。 写真 13 あとは通常のピーマンの肉詰めと同じ要領でピーマンを半分に切り種をとって偽肉を詰めていきます。 ピーマン嫌いな子供のために、竹輪詰めも作ってみました! 細すぎて詰めづらかったです。 写真 14 写真 15 写真 16 パン粉を偽肉の面につけて、多めのごま油で炒めます。 写真 17 できあがりを本と実物で見比べてみました! 写真 18 家族の反応は意外によかったです! 子供はやっぱりピーマンより、ちくわのほうが美味しい!といって全部喜んで食べてくれました!レシピでは、セイタンもしくはコーフーとなっていたのですが、セイタンを使いました。 見た目全然ちがうんだけど、本には詳しい材料が写真で載っていなかったのでわからなかったです。コーフーはまた別の料理を作る予定ですヾ(*゚∇^*)ノ~  ]]>

マスタークックで玄米ご飯を炊いてみました♪

写真 1 先日まで予約待ち4ヶ月だったのが、一気に入荷しました!一番人気の3合深鍋です。木栓が2個ついています。 写真 3 うっとりするくらい真っ白なボディ、ずっしりとした重み。 我が家へようこそ!≧(´▽`)≦大切に使おうと心に決めました♪ 写真 5 写真 7 まずは、はじめに、お料理に使う前に土鍋表面の小さな穴を埋めるために、小麦粉を大さじ2杯に水を入れ、20~30分煮立たせます。(小麦粉の代わりに米ぬか、おかゆでもOK) 目を詰まらせることで、今後のひび割れ防止に役立つそうです。     基本の玄米を炊いてみました! 写真 8写真 9 お米は特別栽培農法で作られた網本さんのお米「欣(よろこび)の香り 玄米」を会社で購入! 網本さんのお米「欣(よろこび)の香り 玄米」は、埼玉県にある契約農家さんでつくられた複数原料米です。 3台の選別機を駆使し徹底して籾殻やくず米を取り除き、良い米粒だけを選んだそうです。 すっきりした甘さと香りが際立ち、えぐみや苦味がありません。粘りはやや強く、味はすっきりしています。 肥料は微生物で有機発酵させた肥料を使っているそうです。 もちろん、セシウム不検出です。 写真 10 玄米を洗うとき、力強くゴリゴリ洗うほうが良いのかと思っていましたが、西邨まゆみさんのお話によるとやさーしくかき混ぜる程度で良いそうです。 (西邨まゆみさんは、マドンナのプライベートシェフを7年も務めていたことがあるマクロビオティックコーチです。) 写真 11 洗ったら、水を正確に計るため、一端ざるにあげます。 写真 12 マスタークックにお米を入れて、お水を入れます。(マスタークックについている説明書どおり、玄米3合、水5カップにしました) 写真 13 塩は、西邨まゆみさんによると米のチカラを引き出すためのもので塩味をつけるためではないので、本当にちょっぴりでいいそうです。 今回は、西邨まゆみさんの言うとおりにちょっぴりの塩を入れてみました。(マスタークックには小さじすりきり1杯弱) ここから6時間以上、おいておきます。(つけ置き時間が変わると水の量も変わります) 写真 16 まずは、木栓をせずに蓋をして中火にします。 写真 18 写真 20 30分したら、今度はとろ火に。グツグツ、カタカタ蓋が鳴りだします。 とろ火にしたら木栓をします。 ここからさらに50分。 火をとめて、10分蒸らします。 写真 21 写真 22 写真 23 できあがり!! 土鍋ならもっと早くできるのかと思っていたらすごーーい時間がかかるのだと知りました! でも、手間暇かけた分、とっても愛着もあり、とっても美味しいです!!お焦げもいい感じにできあがりました! 写真 24 写真 25 釉薬がとれてはいけないので、お湯にしばらくおいて落ちやすくしてからスポンジで念入りにきれいにしました!ずっと使い続けているとどうしても色がついていきますが気にしない! ずっと使い続けていきまーーす! マスタークック 3合炊深鍋(土鍋) http://www.kenkousupport.com/item/13476.html マスタークック 6合炊深鍋 http://www.kenkousupport.com/item/13477.html マスタークック 3合浅鍋 http://www.kenkousupport.com/item/13478.html マスタークック 6合肉厚浅鍋 http://www.kenkousupport.com/item/13479.html マスタークック 3合炊き炊飯用土鍋(1.5L) http://www.kenkousupport.com/item/13492.html マスタークック 6合炊き炊飯用土鍋 http://www.kenkousupport.com/item/13493.html マスタークック けんこう片手鍋(600ml) http://www.kenkousupport.com/item/13490.html 網本さんのお米 「欣(よろこび)の香り  玄米 5kg」 (特別栽培農法) http://www.kenkousupport.com/item/11245.html   9999-99-0404_1 当店で商品をご購入のお客様にお好きな無料冊子を1点プレゼントしています!http://www.kenkousupport.com/item/30267.html  ]]>

懐かしの駄菓子『きなこ棒』を作りました♪

国産黒すり胡麻キナコゲンをいただいたので、その2つを使ってきな粉棒を作ってみました! よく売られているきな粉は、大豆が原料ですが、キナコゲンは、黒大豆を原料としており、まるごと簡単にお召し上がりいただける身体にやさしい食品です。黒大豆を高熱焙煎し、冷却後、25ミクロンオーダーの微粉末にしています。 黒豆は、大豆の品種のひとつで、黒い皮の部分にポリフェノールの一種「アントシアニン」と いう成分が含まれ、活性酸素を除去する抗酸化作用や、血液をサラサラに保つ効果があり、 健康にいいと言われています。 見た目は普通のきな粉よりも白っぽいですが、臭いや味は通常のきな粉とあまり変わりません。(販売メーカーに確認したところ、皮もまるごと入っているとのこと。それなのに色が白っぽいのはなぜかはわからないそうです) 写真10 材料 キナコゲン   大さじ3 国産黒すり胡麻 小さじ2 水飴  小さじ4 水 小さじ2 (表面にまぶす用) キナコゲン    適当 国産黒すり胡麻   適当 写真 1 キナコゲンと黒すり胡麻を入れます。 写真 2 軽くかき混ぜます 写真 3 水飴と水を投入!! 写真 4 まぜまぜ♪ 写真6 こねこねしてるうちにこんな感じに。 写真 7 ラップに包んで形をまとめます 写真 8 ちょっとベトベトしますが、包丁でカット 写真9 適当な大きさに切って、表面にキナコゲンとゴマを混ぜたものを適量まぶします。 いい感じにできましたグッ!! ( ̄ε ̄〃)b ほかの方のレシピを参考に、なるべく水飴は最低限に少なくして作りました! 会社では美味しい!懐かしい味!と喜んでいただけました!(* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) 今回は、家にたまたまあった水飴で作りましたが、水飴の代わりにハチミツや黒蜜にしてもOKです。 写真 11 余った粉でおにぎりを作りました! キナコゲン http://www.kenkousupport.com/item/11343.html 国産黒すり胡麻 http://www.kenkousupport.com/item/13392.html  ]]>

学校の給食メニュー『かみかみ豆』を作ってみました♪

6写真 1 材料はいたってシンプル! 乾燥大豆     150g 水      3カップ 砂糖    大さじ3.5 醤油    大さじ2/3 写真 1 写真 2 たっぷりの水に大豆を前日からつけておきます(約8時間) 写真 4 一晩つけるとかなりふくれています。 写真 5 いったん、水を捨てて、水、砂糖、醤油、豆を全部入れて、中火でコトコト煮ます。 私は時間短縮で、圧力鍋を使いました。 汁がなくなるまで煮詰めるので、柔らかくなったら通常の鍋に移して、ふたを開けた状態でかき回しながら煮詰めていきました。 意外に簡単! 国産大豆で自分で作って安心安全!ヾ(*゚∇^*)ノ~ 子供も給食と同じ!!といって大喜びでした♪甘いので子供のおやつにもいいですよ!食べ出したら止まらない!とってもおすすめです! 0002-00-2648_1 国内産 大豆 300g http://www.kenkousupport.com/item/12877.html 豆製品 http://www.kenkousupport.com/category/200.html  ]]>

大豆の唐揚げ作りました♪

大豆からあげを使って、家で『なんちゃってからあげ』を作ってみました! この商品は、大豆の脂肪分を取り除いた高タンパクな純植物性食品です。 写真 1 まず、ぬるま湯に30分ほど浸します。 写真 2 写真 3 30分たつと堅かったのが、かなりやわらかくなります。 写真 5 そのあと、軽く絞って、水気をきります。あんまりきつく絞りすぎるとボロボロに砕けてしまうので注意です! 写真 4 醤油、ニンニク、ショウガ、お酒で下味をつけて、片栗粉をまぶします。 写真 6 その上から焼き海苔を巻きます。 あとは、普通に揚げてできあがり!∩( ´∀` )∩ 写真 8 見た目ばっちり!!どう見ても唐揚げ!!ですグッ!! ( ̄ε ̄〃)b 食べた感じは、最初は違和感があったけど、食べ進めていくうちに、結構唐揚げの食感に似てると思いました!アツアツよりも冷めてるほうがおいしいかも。冷めてもお肉のように堅くならないし、お弁当にいいですね! 子供は、これ、違う!ほんものの肉のほうが美味しい!と言いつつも、結局完食!( ̄▽ ̄*) 主人は、普通に、美味しい!!と言って、食べてましたよヾ(*゚∇^*)ノ~ ほかにも煮物、炒め物、おでんに入れても美味しいらしいので、次回、残りの半分を使って別の料理を作ってみようと思います≧(´▽`)≦ 大豆からあげ http://www.kenkousupport.com/item/12682.html 植物タンパク質 http://www.kenkousupport.com/category/209.html  ]]>

自家製らっきょう漬け♪

新鮮なものははやり、香りと艶が違いました。泥付きらっきょを漬けるのは初めて★楽しみです!! 漬け方は色々がありますが、今回は「鈴木さんちの玄米ごはん」という本のレシピを参考にしました。まず基本の塩漬けらっきょうを漬けた後、それを甘酢らっきょうとピクルスらっきょうにしての味にバリエーションをつけたいと思います。 基本の塩漬けらっきょう 材料 泥付きらっきょう・・・2㎏ 粗塩・・600g 水・・・2ℓ 作り方 ①らっきょの泥をきれいに洗い、根本は残してひげ根の部分だけを切り落とす。茎はそのままにしておく。 ②大きめの鍋に湯をわかし、粗塩をいれてよく溶かす。粗塩が溶けたら完全に冷ましておく(カリカリに仕上げるためのポイント!) ③ほうろうの容器に①のらっきょうを入れ、②の塩水を注ぎいれる。 ④らっきょうが浮かないように落し蓋をして、約1か月間冷暗所に置く。 ⑤1か月たったら朝と晩に1回ずつ水を取り替え、塩だしする。これを3日間繰り返す。 ⑥⑤のらっきょうの茎と根の部分を切り落とす。根は根本から切り、流水でもみ洗いして余分な皮を取り除く。 1か月後・・・ 上記の作り方で、約1か月後、基本の塩漬けらっきょうが出来上がりました。味見したら、塩出しした後だけど、ちょっと辛いかな・・次はこれを甘酢らっきょうとピクルスらっきょうにします。 甘酢らっきょう 材料 塩漬けらっきょう・・500g 甘酢⇒酢1.5カップ  水0.5カップ 砂糖大匙8 赤唐辛子 2本 作り方 ほうろうの鍋に酢と水を入れて火にかけ、煮立ったら砂糖をいれて溶かす。 ②砂糖が溶けたら火を止め、さっと洗った赤とうがらしを加えて冷ます。 ③煮沸消毒した清潔な浮きに塩漬けらっきょうを入れて完全にさめた②の甘酢を注ぐ。※1週間後から食べられます。 ピクルスらっきょう 材料 塩漬けらっきょう・・・500g ピクルス液⇒酢1.5カップ 白ワイン0.5カップ 砂糖大匙5 黒こしょう(粒) 5粒 クローブ(ホール) 2個 シナモンスティック 1本 ローリエ1枚 作り方 ①ピクルス液の材料をほうろうの鍋に入れて火にかけ、煮立ったら火を止めてよく冷ます。 煮沸消毒した清潔な容器に塩漬けらっきょうを入れ①のピクルス液を注ぐ。 さらに10日後・・ そろそろ食べ頃。早速試食してみます。 この見た目の透明感は新鮮だったから?一粒一粒がきゅっと引き締まっています。・・・甘酢は、やっぱり定番の味。ほんのり塩味があって甘酢も程よく馴染んでいます。ピクルスらっきょうは初めて作りましたが、さすが洋風、ちょっと気取った味です。 どちらもカリッとした食感がいい感じです。らっきょう好きの私は思わず冷蔵庫を開けるたびに、つまみ食いしてしまいそうです・・・サラダやタルタルソースに入れるとおいしそう・・もちろんそのままでもGood!です♡ 程よい酸味は夏の食欲不振を解消してくれそうです。 by かたに]]>

ローフード・スイーツをつくりました☆

2.ブラウニー 3.ココナッツのキャロブボール   私はローフードもローフード・スイーツもレストランで食べたことはありますが、作ったことはありません。コナカさんから手作りのロースイーツを時々いただいたこともあり、簡単でおいしい、体にやさしい(バター、牛乳、砂糖、小麦粉は使用していません。酵素が摂れる)ことは知っていました。   ●     生のナッツは前もって水につけることが基本 ローフードスイーツの大きな特徴として、一晩水につけた生のナッツがスイーツのベースであるということです。小麦粉の代わりのように使ったり・・・。   生のナッツを一晩水につける理由は、二つあります。1つは、水でふやかして食べやすくすること。ナッツはそのまま食べると、とても消化が悪いからです。 2つめは、「酵素抑制物質」を取り除くためです。ナッツは、植物の種で、種は適切な環境が整うまでは芽を出さないよう、抑制する酵素を持っているのです。水につけることで、この酵素を抑制する物質がなくなります。「酵素抑制物質」は体にとっては、酵素の動きが妨げられる有難くないものです。 ですから、必ず生のナッツは前もって水につけておくことが基本だそうです。またつけておいた水は使わないで捨て、ナッツの表面も流水で洗い流します。   ナッツを一晩つけると、一回り大きくなり、食べるとほんのり甘くて炒ったものよりもずっと美味しいです!   ●キウイのタルト 1.まずタルトの台(クラスト)を作ります。 一晩つけておいたアーモンドとくるみを使います。水をよく切り、スピードカッターに入れます。アガベシロップやデーツも入れて、細かくなるまで回します。 2.タルト型かケーキの型に1を流し、指で底とまわりをギュッギュッと押さえていきます。 3.次にフィリングを作ります。スピードカッターに、アボガドとキウイ、レモン汁を入れて回すだけでできあがり。 4.2に3を流し、好みでキウイの薄切りやミントの葉を飾って、冷凍庫へ。 5.一度凍らせて、半解凍くらいが美味しいです。                       ●     ブラウニー 1.一晩水につけたくるみを使います。水をよく切り、スピードカッターに入れます。アガベシロップ、レーズン、キャロブパウダー、バニラエクストラクト(香料)も入れ、回し、型に入れたら出来上がり。冷蔵庫に入れておきます。             ●     ココナッツのキャロブボール ココナッツのキャロボールは、バナナにナッツを混ぜたもので、キャロブパウダーを使うことで、チョコレートのお菓子と変わらない味になっています。   1.ボールにバナナ2本を入れ、フォークでつぶし、ココナッツフレーク、アガベシロップ、バニラエクストラクト(香料)、キャロブパウダーを加え、よく混ぜます。一口大に丸め、、まわりにココナッツフレークをまぶして出来上がり。                     *     コナカさんと一緒に作ってみて・・・・・(シロガネ) どれも思ったより簡単だったので、ぜひ家でも作ろうと思いました。水につけておいた生のナッツは、初めて食べましたが、いつも食べている炒ったものとは別物の味でした。やさしいほんのり甘い味でした。 それと、デーツ(なつめやしの果実を干したもの)のおいしいのにびっくり!しました。あまり食べたことのない人の方が多いと思いますが、おやつにいつもそばにおきたい味です。吹田市江坂には専門店もあります。 ローフードスイーツは、酵素がたくさん摂れるうれしいおやつです。 普通のスイーツは卵やバター、牛乳、生クリーム、白砂糖、精白した小麦などが使われているため、消化するのに体内エネルギーがたくさん要るばかりか、体を冷やす、血糖値を急激に上げて内臓に負担をかけるなど、あまり体にはうれしくないことが多いです。 スイーツは、かんたん・身体にやさしい・きれいになれるローフードがおすすめです。   *     試食した他のスタッフの感想 ・ココナッツのキャロブボールは甘すぎず、ちょうどいい感じでした。これなら何個でも食べられそうです。 ・ブラウニーはとても私好みで本当においしかったです。これも何個でも食べれます。 すっしりした感じはあるかもしれないですけど、これでローフードなら本当にいいですね! ・ココナッツのキャロブボールはあっさりしてて 冷たく冷やしていたのでとっても美味しかったです。 ブラウニーの方は市販や通常の材料で自分で作ったものは 歯にくっついて甘さがずっと残りますが こちらもあっさりしていて 甘いものが苦手な人にもいけると思います。 とっても美味しかったです。  ]]>

ローフードのスイーツ:ローキウイタルトを作りました☆

ロースイーツを作りました(*^^*) 季節のフルーツ、今が旬のキウイを使った、ロータルトです。 クラスト部分は、ココナッツとデーツをメインに使い、 フィリングには、アボガドとキウイにレモンを加えて。 爽やかな味に仕上がりました☆ お砂糖は使っていません。 甘みはデーツと、フィリング部分にアガベシロップを少し使っています。 動物性のものや白砂糖、精製した粉類も使わないので 体に負荷をかけない、優しいスイーツです。 こんなスイーツも、ローフードでは焼かずに作るので 思い立って10分ほどで全工程が終わります。 酵素が活きたスイーツで、美容にも健康にも良いですよ(*^^*) 近いうちに、少ない材料で簡単に作れる ロースイーツのレシピをご紹介したいと思います♪ お楽しみに♪ こなか]]>