青パパイヤ発酵食品バイオノーマライザーが雑誌ポコチェ6月号に掲載

バイオノーマライザーが雑誌ポコチェ6月号と、veggyベジー vol.34に掲載されました! 青パパイヤは抗酸化作用を促すポリフェノールや脂質・糖質・タンパク質の分解を助けるパパイン酵素を含んでいるので、その実をまるごと独自酵母で発酵させました。 顆粒状でそのままでも美味しく食べられます。 Rapture-20140602-100345 Rapture-20140602-100414Rapture-20140602-100501   パパイヤソープは、パパイヤの食物酵素を失わないように火を使わずに低温の熱で1ヶ月以上かけて熟成させて作られています。 古い角質や汚れを十分に落としながらも、オリーブオイルによって保湿効果にもすぐれていますので、お肌に優しい石鹸です。 0151-00-0001_1 0151-00-0003_1 バイオノーマライザーセット(バイオノーマライザー30袋+パパイヤソープ100g× 1個) ※パパイヤソープ10g+ミニハンカチ付※送料無料(北海道、沖縄、離島除く) http://www.kenkousupport.com/item/28962.html  ]]>

バイオノーマライザーが雑誌に掲載されました!

バイオノーマライザーがひよこクラブや、veggyなどの雑誌に掲載されました! バイオノーマライザーは、青パパイヤ発酵食品では、初のモンドセレクション金賞を受賞、2012年、2013年とダイエットならび健康製品部門で2度の連続受賞をしている商品です。 メーカー独自の選定基準により選び抜かれた青パパイヤを生産しているフィリピン農家さんと契約し、厳重な管理体制のもとで収穫を行っています。 保存料、合成甘味料、着色料などはもちろん一切入っていない100%天然由来の健康食品です。 徹底管理された青パパイヤを使っていますので、遺伝子組み換えではない原材料を使用しております。 バイオノーマライザーの優れた点は、栄養素を胃酸や体内の熱に影響を受けることなく、腸まで届けることができることです。 βカロテン、クリプトキサンチンなどの成分やタンパク質、糖質、脂肪を同時に分解するパパイン、プロテアーゼなどの分解酵素をふんだんに含んでいます。 就寝前に水なしで口に含んで溶かすように召し上がっていただくと良いそうです。 今回掲載された雑誌veggyは、野菜大好きベジタリアンな美を追求している女性向けの雑誌です。オーガニック食品を使ったレシピや、自分らしく生きるためのヒーリング・メゾットまで、前向きに健康美を目指す女性必見の雑誌です。 健康サポート専門店でも雑誌veggyを取り扱い中です。 bionormalizer01bionormalizer 雑誌veggy2014年 Vol.32に P88に掲載 「自然治癒力で病気を治す!」の書籍にも青パパイヤの事が紹介されています。健康サポート専門店ではお買い上げ頂いた方には無料でプレゼント中です。詳しくはこちら    ]]>

三井と女子先生の「注熱でガン・難病が治る」本の感想

3期位までなら80%治せる!自分のところに治療に来るなら、西洋医療の治療を何もせず来てほしい!」とのこと。(残念ながら、三井と女子先生はすでにお亡くなりになっています) また、「ガンを治すのは簡単!」とまで言いきってしまう。 肺がんに対してもタバコはあまり関係なく、肩こりなど腕からくると書いてあったり、私の思っている常識とはまったく違うことが書いてありました。 本当に過激で、読んでいるこっちが、先生、こんなこと言って大丈夫だろうか?治せなくて訴えられないか??と余計な心配をしてしまうくらいでした。(笑) 中盤は、具体的にさまざまな病気に対してどこに熱を入れたら良いかの解説と、さらに図で場所がわかりやすく載せてあります。 ガンはもちろんのこと、糖尿病、花粉症、リウマチ、アトピー、喘息、不妊症、パーキンソン病まで、さまざまな病気が温熱器1台ではっきりと治せる!と書いてある。 先生の言葉には、まったく迷いがなく、どこからその自信が来るのかと不思議です。 実際の温熱器の当て方は、裸の上にサラシ一枚を上にのせ、温熱器には何もカバーをかけずに、スーーッと身体をさするように当てていました。それでも、患者さんは、悪いところに当てられるとアツイ!アツイ!と言っておられました。(三井と女子先生が出演している【アッチッチでがん・難病退治】DVD(現在は販売停止中ですが社内にあります)を参考) 身体の当て方については、先生によってそれぞれ違うようです。 本の中に出てくる患者の方はみな、三井とめこ先生の治療1日目でなんらかの効果を感じていて、だいたいは2~3回、長くても10回くらいで治ってしまいます。 読んでいると、先生のおっしゃるとおり、ガンなんて治すの簡単!と、思わずにはおられない、また、先生自身が本の中で本当にはっきりと「大丈夫!」「治せる!」と言い切ってしまうので、私も読み進めるうちに、きっと先生なら治せるんだろうな、私がもし、がんになったら温熱器で治そう!ガンになっても温熱器があれば大丈夫!と変な自信が湧きました。 先生はもともとは教職者だったのが、60歳のときに医療の道に進まれました。この本は初版1998年となっており、今からなんと17年も前に書かれたものです。 先生は、ガンの一番の原因はストレスだと言い、自律神経を整えてあげることが大切だと言っています。注熱することで、パワーをつけて「自己治癒力」をつければ、ガンは不治の病ではないのです。と。 先日、大阪で開かれた三井温熱株式会社の講習会での医学博士小西康弘先生と同じことをもう17年も前から言っていたのだなぁと驚きました。 と女子先生は、以降、2001年にお亡くなりになる前日まで1日中、温熱治療をされていたそうです。(先日の三井温熱㈱の講習会での永井さんからのお話)  三井と女子式温熱療法のすべて「注熱でガン・難病が治る」   ↓健康サポート専門店でオススメしている身体の外から温める商品はこちらからどうぞ!http://www.kenkousupport.com/category/15.html どれがよいかわからない!という方はご相談くださいませ フリーダイヤル 0120-14-1417]]>